This color, that the artist loves so much – and which is incidentally the basis of his work, plus movement – still doesn’t make an entertainer. Quite the contrary. When he is in front of a canvas or a sculpture project, it’s serious: “I am very meticulous and picky.” It is a guarantee of quality in his work. Besides, he immediately clarifies, “I am and have to be very quiet because if I paint a straight line, it must be perfect and not curved.” In days of old, the designation “Master” was reserved for a painter who succeeded in drawing a perfect circle freehand. In that respect, this designation is well deserved since, in addition, it allows him to control … the square!                       (Extract of the text of the art critic. Mister Laurent Delaloye)

ユーリ・メッセン・ジャシン(Youri Messen-Jaschin、1941年1月27日 – )は、ラトビア系美術家で、スイスアローザに1941年に生まれる。彼の作品はしばしば油絵グワッシュの組み合わせである。彼の得意な色彩は強い黄色である。彼はボディペインティングも作成し、作品をナイトクラブなどで出展した。

生涯[編集]

1958年から1962年まで、パリにおいて、彼は国立美術学校フランス語版英語版ロベール・カミフランス語版教授に師事)とソルボンヌ社会科学分野(ピエール・フランカステル教授、芸術史)の高等研究実習院美術を専攻した。

1962年から1965年まで、彼はローザンヌの美術学校へ進み、彫刻家で画家であるアーネスト・ピツォティと共同制作した。1964年、彼のキネティック・ガラスとアクリル彫刻のローザンヌでの出展。ジュネーブの現代彫刻センターで2年間働き、その後チューリッヒで働き、画家フリードリッヒ・クーンと共に顔の円形を描くことに経験を積み絵画的遠近法を拡張した。1968年から1970年まで、ゲーテボルグの設計と工芸ヘグスコラン大学に於いて代理として勤務し、織物のキネチックオブジェの研究を制作した。1967年、ゲーテボルグ・コンスタール・ヘズス・ラファエル・ソート・、カルロス・クルース・ディエス (Jesús-Rafael Soto, Carlos Cruz-Diez)での展覧会で彼はカルロス・クルース・ディエスとフーリオ・ルパルク(Julio Le Parc)と出会う。これらの芸術家と話しているうちに、彼は光学美術にすっかり魅了されているとに気がつき、彼の研究をすべてキネチック美術に傾注することに決意した。ゲーテボルグに長期間滞在することにより、動きと幾何学的形状に関して彼の思考は絶えず進化し、それらを彼の織物と油絵に一体化するに至った。彼の光学的美術に関する研究はスカンディナビアのこの地方で大きな影響を及ぼした。

1968年に、ユーリはスイス近代彫刻美術で第一位の賞を受賞した。同年、かれはスエーデン政府の奨学金を受けた。1970年代は彼はハンブルグに滞在し、北ドイツの芸術家と共に継続的創作に従事し、異なった不朽の業績となったプロジェクトで共同作製した。1970年に、彼はドイツの黒い森の近くのアイシュテッテンでのグールドのためのキネチック彫刻を創作した。

1970年から1981年まで、かれはベルンに居住した。外国に度々滞在することにより、彼は同じ芸術運動に従事している美術家たちとつながりを育むことができた。彼の絵画 と彫刻で建築は重要な役割があり、建築空間での動きオプ・アート(オプ・アートキネティック・アート)の探索は一体であり、彼はそれについてブラジルのリオ・デジャネイロ市でオスカー・ニーマイヤーロバート・ブール・マルクス、サンパウロ市で大竹富江氏、そしてブエノス・アイレス市でクロリンド・テスタ(Clorindo Testa)などと意見を交わすことを得た。旅行の最後の時点でカラカスに滞在し、彼自身の作品の舞台と振り付けを行い、それはカラカスのアテネオ、第6回国際演劇祭、ユージェニオ・メンドーサ(Eugenio Mendoza)財団、ハンボルト文化連合(ゲーテ協会)、およびアリアンス・フランセースで1984年に公演された。

彼は数多くの国際展示会に参加し、光学美術での研究に対してイタリアで受賞した。彼の作品は個人的愛好者により購入され、国家と国際的美術館に飾られている。

また、彼は彼のユニークなタペストリーを「もっと光を」というポップアートの形体で売る特権を得た。彼はこの美術形体で色を使うことに情熱的であった。チューリッヒの近代美術館ミグロスはこの作品に興味を示した。このタペストリーは、スイスのベルンの近くのツォリコーフェンにある彼の屋根裏部屋で1970年代に作成された。このタペストリーは、スイスのミグロス・ヴォードの所有となっている。

ニューヨークに数ヶ月滞在した後、彼はスイスに戻り、ベルンに住家を定め、そこに11年間暮らした。この滞在中、かれはしばしばクンストハーレなどの地元の美術館で作品を展示した。

2010年、彼は光学美術を駆使して3種類の郵便切手をスイス郵政省のために創作した。チューリッヒの美術館、チューリッヒのスイス連邦工科大学、ジュネーヴと外国のグラフィック美術館、ブラッセルスの王立美術館、などの美術館が彼の作品を重視している。アムステルダムのステデリック市立近代美術館、他の美術館、米国、日本、欧州などの個人的収集家などが彼のキネチック作品を購入している。

2014年、ヴォーローザンヌ の大学病院 (CHUV)、の神経画像処理研究室では、非侵襲性の磁気共鳴を使用して、参加者が光学美術作品を見ている時の脳活動の箇所をイメージし、マップし、同定した

 

Artifact | © 2016 Youri Messen-Jaschin
3D effects can not be perceived by the photo objective, you have to see the original to discover all effects, red is metallic..

Art Basel 2017:

Art Basel 2017

Screenprinting
Artifact I
2016
1/15 prints
Print 69 x 69,5 cm
Mirriboard Paper 365 gm2
© 2016 photography | Pierre-Michel Delessert| Switzerland |
® Prolitteris Universitaetstrasse 100 CH. 8033 Zurich Switzerland

ユーリ・メッセン・ジャシン  screenshot_10

 

 

Spiral_©_2014_Youri_Messen-Jaschin Spiral_©_2014_Sarah_Dubois

Sculpture | Plexiglas |

60 cm x 64 cm height 51 cm

© Photography | 2014 | Sarah Dubois | Switzerland |
® Prolitteris | 8033 Zurich | Switzerland |

Youri Messen-Jaschin Portofolio
Wikipedia
Bibliography

 

Rhombus_©_youri_messen-jaschin_1 Rhombus_©_2014_Youri_Messen-Jashin_

Sculpture | Plexiglas |

Publication:
Grand Genève Magazine 2015 (Switzerland)
L’extension 2014 (Switzerland)
privat collection
© Photography | 2015 | Youri Messen-Jaschin | Switzerland |
® Prolitteris | 8033 Zurich | Switzerland |